取組み

 

日本へそして世界へ向けて、安全・安心を追求し構築する活動の一環として、医建エンジニアリングが現在実施している、6つの取り組みをご紹介します。

品質マネジメントシステムの国際規格

ISO9001認証マーク

2005年に品質マネジメントシステムの国際規格である、ISO9001:2000を業界で初めて認証取得しました。当社の『放射線の遮へい計算から防護工事、線量測定までの一貫した品質管理』を認められました。

環境マネジメントシステムの国際規格

ISO14001認証マーク

2009年に環境マネジメントシステムの国際規格である、ISO14001:2004を認証取得しました。無鉛ボードXPをはじめとする環境にやさしい放射線防護を、現在も推し進めています。

『JIS Z 4716』のワーキンググループ

取り組み:JIS Z 4716WG

当社は放射線防護の標準化活動に取り組んでおり、2018年3月20に制定された、X線診療室の漏えいX線量の測定方法に関するJIS規格『JIS Z 4716』のワーキンググループにも参加しました。

各種展示会

取り組み:展示会

春に開催される国際医用画像総合展(ITEM)と、秋に開催される日本医療福祉設備学会(HOSPEX)を中心に、展示会を通した広報活動を行っています。また展示会を主催している学会(JIRA等)での活動にも参加しています。

地域貢献

取り組み:地域貢献

地域社会の貢献にも取り組んでいます。祭りや行事への参加、ゴミ拾い等の活動を通じ、地域社会との交流および環境の向上を目指しています。

従業員の健康づくり

健康優良企業認定証20210501

2018年3月1日、健康保険組合連合会東京連合会へ健康企業宣言を行い、2019年4月3日付で「健康優良企業(銀の認定証)」を取得いたしました(健銀第692号)。定時退社や有給休暇取得率の向上、全従業員の健康診断受診、就業中の完全禁煙等を実施し、従業員の健康づくりに取り組んでいます。

健康優良企業 銀のロゴマーク