製品について

 

Q. アニマルボードXGの放射線を遮へいしている原材料は何ですか?
A. 天然重晶石から精製した、人にやさしいバリウム化合物が放射線防護の主成分です。

Q. X線防護材は鉛でなくても良いのですか?
A. 医療法施行規則や電離放射線障害防止規則に定められた線量限度以下に遮へいできれば、鉛以外の材料を使用することが可能です。例えばコンクリートや鉄板でも、適正な鉛当量(※)を確保できれば、遮へい材料となります。
※鉛当量とはコンクリートや鉄板等、鉛以外の遮へい材の遮へい性能を鉛の厚さに換算して表す場合の表現です。
 放射線防護には鉛が長く使われてきたため、遮へい性能の基準として鉛当量が用いられるようになりました。

Q. 動物病院のX線室で鉛当量1.0mm~2.0mmの遮へいが必要な場合、アニマルボードXGではどのようにすれば良いですか?
A. 鉛当量1.0mm…アニマルボードXG(厚み15.0mm:鉛当量1.0mm)敷目板+1層張り
 鉛当量1.5mm…アニマルボードXG(厚み12.5mm:鉛当量0.75mm)重ね張り工法(2層張り)
 鉛当量2.0mm…アニマルボードXG(厚み15.0mm:鉛当量1.0mm)重ね張り工法(2層張り)

Q. アニマルボードXGの1枚の厚さは何ミリですか?
A. 厚さ12.5mm:鉛当量0.75mm
 厚さ15.0mm:鉛当量1.00mmの2種類です。

Q. アニマルボードXGを施工する場合の厚みは何ミリですか?
A.
《重ね張り工法(2層張り)の場合》
12.5mm+12.5mm=25.0mm
15.0mm+15.0mm=30.0mmです。
《敷目板+1層張りの場合》
敷目板15.0mm+15.0mm=30.0mmです。

Q. アニマルボードXGの質量はどれくらいですか?
A. 12.5mm:約30kg/枚、約18.5kg/m2
 15.0mm:約40kg/枚、約24.5kg/m2です。

Q. アニマルボードXGのメーカーはどちらですか?
A. 医建エンジニアリング(株)がメーカーです。

Q. アニマルボードXGは医建エンジニアリングの責任施工ですか?
A. アニマルボードXGは材料販売製品です。

Q. アニマルボードXGは不燃材料ですか?
A. 不燃材料です。防火材料認定番号は『不燃:NM-3472』です。

Q. 鉛付きせっこうボードと比較したメリット・デメリットは何ですか?
A.
《メリット》
(1)鉛を使用しないため、環境にやさしい放射線防護材です。
(2)軽量かつ丈夫なため、施工スピードの向上が可能となり、工事期間の短縮にも貢献できます。
(3)バリウム化合物は価格の変動が少なく、長期に及ぶ計画であっても、安定した価格で供給することができます。
(4)不燃材の認定を取得しており、幅広い内装制限に対応可能です。
(5)せっこうボードと同様、簡単に解体・廃棄ができます。また、吉野石膏(株)が指定するリサイクルルートで回収が可能です。
《デメリット》
PET・RI等のγ線、治療用装置の高エネルギー放射線の防護には使用できません。

Q. コストは従来の鉛付きせっこうボードに比べ安価ですか?
A. 鉛付きせっこうボードの価格は鉛の相場で変動しますが、アニマルボードXGの価格は安定しています。
 アニマルボードXGの価格についてはお問い合わせください。
 将来の解体撤去時、鉛付き石こうボードなどの鉛板を用いた放射線防護材は特別管理産業廃棄物に該当するおそれがあり、廃棄手続きが複雑になり廃棄のための費用もかなり掛かると考えられます。

Q. アニマルボードXGの廃棄はどのようにすれば良いですか?
A. せっこうボードと同様、簡単に解体・廃棄ができます。また、吉野石膏(株)が指定するリサイクルルートで回収が可能です。

Q. 家畜保健衛生所へ提出するX線装置備付届等の書類には、アニマルボードXGをなんと表記すれば良いですか?
A. 『無鉛X線遮へい石こう板』と表記してください。

Q. アニマルボードXGはどのX線室でも使用可能ですか??
A. 管電圧150kVまでの小動物用X線装置を使用する、X線室に対応しています。

Q. 動物病院のCT室や手術室にも使えますか?
A. 使用可能です。

Q. 遮へい計算により鉛当量1.0mmで十分な場合は、1層張りでよいのですか?
A. アニマルボードXGの継目に敷目板が来るように施工すれば、問題ございません。ただし全下地に敷目板を施工する必要がございます。

一覧へ戻る