fixedImage

医療のインフラを支える


1895年、レントゲン博士によりエックス線が発見されて以来、今日に至るまで放射線は医療分野において重要な役割を果たし続けてきました。その歴史と共に、放射線の防護もまた生体の安全を担保するために必要不可欠な存在となっています。当社は創業以来培った放射線の専門的ノウハウと実績を基に、安全・安心な放射線管理を優れた品質で提供いたします。

無鉛放射線防護材の製品開発・工法開発 

次世代へ繋ぐ、地球環境にやさしい
無鉛放射線防護財の製品開発・工法開発


世界で初めて鉛を全く使わない無鉛X線遮へい石こう板『(商品名:)ホーシャット無縁ボードXP』を開発しました。この『ホーシャット無縁ボードXP』は鉛の溶解から圧延までの工程が無いため、従来の鉛付石こうボードに比べて二酸化炭素排出量を大幅に削減できます。当社は、次世代へより良い環境を残すために、今後も新たな無鉛製品の開発・工法開発を行っていきます。

放射線防護工事 

安全・安心の放射線防護


当社ではエックス線などに関する知識を持つエックス線作業主任者の国家資格を有する専門職が、営業・施工管理を行っております。エックス線診療室の放射線防護工事におきましては、環境に配慮した『ホーシャット無縁ボードXP』を用いて、医療法施行規則・電離放射線障害防止規則などで定められている基準を満たした最適な放射線防護工事を提供いたします。


放射線遮へい計算 

最適な放射線防護をご提案


エックス線診療室の防護に必要な遮へい厚を算出いたします。当社では厚生労働省医薬局長通知 医薬発第188号(平成13年3月12日)及び厚生労働省医政局長通知 医政発0331第16号(平成26年3月31日)による診断用エックス線診療室の遮へい計算を行っております。また、診療用高エネルギー発生装置、放射性同位元素・使用数量変更などの遮へい計算も行っております。

放射線漏えい線量測定 

正確で信頼性の高い放射線漏えい線量測定


当社では法令により必要とされるエックス線診療室の放射線漏えい線量測定を、「JIS Z 4716 X線診療室の放射線漏えいX線量の測定方法(2018年3月20日 制定)」に基づき行っております。測定に用いる放射線測定器は定期的に国家標準につながるトレーサビリティのある認定事業者に依頼し校正を行っており、厳しい精度管理の下、保管・使用しております。測定員は全員がエックス線作業主任者の国家資格を有しております。


fixedImage

医療のインフラを支える


1895年、レントゲン博士によりエックス線が発見されて以来、今日に至るまで放射線は医療分野において重要な役割を果たし続けてきました。その歴史と共に、放射線の防護もまた生体の安全を担保するために必要不可欠な存在となっています。当社は創業以来培った放射線の専門的ノウハウと実績を基に、安全・安心な放射線管理を優れた品質で提供いたします。


無鉛放射線防護材の製品開発・工法開発

次世代へ繋ぐ、地球環境にやさしい
無鉛放射線防護財の製品開発・工法開発


世界で初めて鉛を全く使わない無鉛X線遮へい石こう板『(商品名:)ホーシャット無縁ボードXP』を開発しました。この『ホーシャット無縁ボードXP』は鉛の溶解から圧延までの工程が無いため、従来の鉛付石こうボードに比べて二酸化炭素排出量を大幅に削減できます。当社は、次世代へより良い環境を残すために、今後も新たな無鉛製品の開発・工法開発を行っていきます。


放射線防護工事

安全・安心の放射線防護


当社ではエックス線などに関する知識を持つエックス線作業主任者の国家資格を有する専門職が、営業・施工管理を行っております。エックス線診療室の放射線防護工事におきましては、環境に配慮した『ホーシャット無縁ボードXP』を用いて、医療法施行規則・電離放射線障害防止規則などで定められている基準を満たした最適な放射線防護工事を提供いたします。


放射線遮へい計算

最適な放射線防護をご提案


エックス線診療室の防護に必要な遮へい厚を算出いたします。当社では厚生労働省医薬局長通知 医薬発第188号(平成13年3月12日)及び厚生労働省医政局長通知 医政発0331第16号(平成26年3月31日)による診断用エックス線診療室の遮へい計算を行っております。また、診療用高エネルギー発生装置、放射性同位元素・使用数量変更などの遮へい計算も行っております。


放射線漏えい線量測定

正確で信頼性の高い放射線漏えい線量測定


当社では法令により必要とされるエックス線診療室の放射線漏えい線量測定を、「JIS Z 4716 X線診療室の放射線漏えいX線量の測定方法(2018年3月20日 制定)」に基づき行っております。測定に用いる放射線測定器は定期的に国家標準につながるトレーサビリティのある認定事業者に依頼し校正を行っており、厳しい精度管理の下、保管・使用しております。測定員は全員がエックス線作業主任者の国家資格を有しております。
fixedImage

医療のインフラを支える

1895年、レントゲン博士によりエックス線が発見されて以来、今日に至るまで放射線は医療分野において重要な役割を果たし続けてきました。その歴史と共に、放射線の防護もまた生体の安全を担保するために必要不可欠な存在となっています。当社は創業以来培った放射線の専門的ノウハウと実績を基に、安全・安心な放射線管理を優れた品質で提供いたします。


無鉛放射線防護材の製品開発・工法開発

次世代へ繋ぐ、地球環境にやさしい
無鉛放射線防護財の製品開発・工法開発

世界で初めて鉛を全く使わない無鉛X線遮へい石こう板『(商品名:)ホーシャット無縁ボードXP』を開発しました。この『ホーシャット無縁ボードXP』は鉛の溶解から圧延までの工程が無いため、従来の鉛付石こうボードに比べて二酸化炭素排出量を大幅に削減できます。当社は、次世代へより良い環境を残すために、今後も新たな無鉛製品の開発・工法開発を行っていきます。

放射線防護工事

安全・安心の放射線防護

当社ではエックス線などに関する知識を持つエックス線作業主任者の国家資格を有する専門職が、営業・施工管理を行っております。エックス線診療室の放射線防護工事におきましては、環境に配慮した『ホーシャット無縁ボードXP』を用いて、医療法施行規則・電離放射線障害防止規則などで定められている基準を満たした最適な放射線防護工事を提供いたします。

放射線遮へい計算

最適な放射線防護をご提案

エックス線診療室の防護に必要な遮へい厚を算出いたします。当社では厚生労働省医薬局長通知 医薬発第188号(平成13年3月12日)及び厚生労働省医政局長通知 医政発0331第16号(平成26年3月31日)による診断用エックス線診療室の遮へい計算を行っております。また、診療用高エネルギー発生装置、放射性同位元素・使用数量変更などの遮へい計算も行っております。

放射線漏えい線量測定

正確で信頼性の高い放射線漏えい線量測定

当社では法令により必要とされるエックス線診療室の放射線漏えい線量測定を、「JIS Z 4716 X線診療室の放射線漏えいX線量の測定方法(2018年3月20日 制定)」に基づき行っております。測定に用いる放射線測定器は定期的に国家標準につながるトレーサビリティのある認定事業者に依頼し校正を行っており、厳しい精度管理の下、保管・使用しております。測定員は全員がエックス線作業主任者の国家資格を有しております。