fixedImage

放射線漏えい線量測定とは


放射線漏えい線量測定とは、エックス線診療室からの漏えい放射線量を放射線測定器(サーベイメータ)を用いて測定することをいいます。
以下の場合、エックス線診療室の管理区域における漏えい線量測定を行い、法令等が定める線量限度を満たしているか確認しなければなりません。

 エックス線診療室に新しくエックス線装置を
 設置した時(開設者変更・医療法人化を含む)
 エックス線装置を入れ替えた時
 エックス線装置及び
 エックス線診療室の構造設備を変更した時
 医療法施行規則第30条の22の規定による測定
 (6ヶ月を超えない毎に1回)

当社では、エックス線診療室の管理区域放射線漏えい線量測定業務を行っております。


品質管理


「放射線線量測定における安全対策」 

放射線業務従事者の安全基準

当社測定スタッフは全員「X線作業主任者」の資格を有しています。
年間の測定件数は約1000件です。



ガラスバッジの着用


電離放射線障害防止規則第4条~6条(放射線業務従事者の被ばく限度) に基づき、外部被ばくに関してガラスバッジを使用し、被ばく測定を行っております。


測定機器の精度管理 

デシケータ


精密機器である測定器等を、湿度を一定に保ち最適な状態で保管しています。



測定器


1年に1回認定事業者に依頼し、トレーサビリティに基づく測定器の校正を行っております。



確認校正


当社では1ヶ月に1回、測定器の精度管理を目的として、確認校正を行っております。
確認校正は、JISZ4511:2005に追記された測定器の校正法です。
測定器を校正用線源と当社で製作した確認校正用ジグ(治具)を用いて、測定器が正確に動作しているか確認しています。


fixedImage

放射線漏えい線量測定とは


放射線漏えい線量測定とは、エックス線診療室からの漏えい放射線量を放射線測定器(サーベイメータ)を用いて測定することをいいます。
以下の場合、エックス線診療室の管理区域における漏えい線量測定を行い、法令等が定める線量限度を満たしているか確認しなければなりません。

 エックス線診療室に新しくエックス線装置を設置した時(開設者変更・医療法人化を含む)
 エックス線装置を入れ替えた時
 エックス線装置及びエックス線診療室の構造設備を変更した時
 医療法施行規則第30条の22の規定による測定(6ヶ月を超えない毎に1回)

当社では、エックス線診療室の管理区域放射線漏えい線量測定業務を行っております。

品質管理


「放射線線量測定における安全対策」への取り組み 


放射線業務従事者の安全基準

当社測定スタッフは全員「X線作業主任者」の資格を有しています。
年間の測定件数は約1000件です。


ガラスバッジの着用

電離放射線障害防止規則第4条~6条(放射線業務従事者の被ばく限度) に基づき、外部被ばくに関してガラスバッジを使用し、被ばく測定を行っております。

測定機器の精度管理 


デシケータ


精密機器である測定器等を、湿度を一定に保ち最適な状態で保管しています。

測定器


1年に1回認定事業者に依頼し、トレーサビリティに基づく測定器の校正を行っております。

確認校正


当社では1ヶ月に1回、測定器の精度管理を目的として、確認校正を行っております。
確認校正は、JISZ4511:2005に追記された測定器の校正法です。
測定器を校正用線源と当社で製作した確認校正用ジグ(治具)を用いて、測定器が正確に動作しているか確認しています。


fixedImage

放射線漏えい線量測定とは

放射線漏えい線量測定とは、エックス線診療室からの漏えい放射線量を放射線測定器(サーベイメータ)を用いて測定することをいいます。
以下の場合、エックス線診療室の管理区域における漏えい線量測定を行い、法令等が定める線量限度を満たしているか確認しなければなりません。

 エックス線診療室に新しくエックス線装置を設置した時(開設者変更・医療法人化を含む)
 エックス線装置を入れ替えた時
 エックス線装置及びエックス線診療室の構造設備を変更した時
 医療法施行規則第30条の22の規定による測定(6ヶ月を超えない毎に1回)

当社では、エックス線診療室の管理区域放射線漏えい線量測定業務を行っております。

品質管理

「放射線線量測定における安全対策」への取り組み 

放射線業務従事者の安全基準

当社測定スタッフは全員「X線作業主任者」の資格を有しています。
年間の測定件数は約1000件です。



ガラスバッジの着用

電離放射線障害防止規則第4条~6条(放射線業務従事者の被ばく限度) に基づき、外部被ばくに関してガラスバッジを使用し、被ばく測定を行っております。

測定機器の精度管理 


デシケータ

精密機器である測定器等を、湿度を一定に保ち最適な状態で保管しています。


測定器

1年に1回認定事業者に依頼し、トレーサビリティに基づく測定器の校正を行っております。


確認校正

当社では1ヶ月に1回、測定器の精度管理を目的として、確認校正を行っております。
確認校正は、JISZ4511:2005に追記された測定器の校正法です。
測定器を校正用線源と当社で製作した確認校正用ジグ(治具)を用いて、測定器が正確に動作しているか確認しています。