放射線防護工事

安全・安心の責任施工

医建エンジニアリングでは、放射線防護の専門業者として培った知見をもとに責任施工で防護工事を提供いたします。このページでは工事の様子を一部ご紹介いたします。

乗り込み

LGS下地が立っている状態の写真

下地(軽鉄・木)が立っている状態で工事に入ります。

アウトレットボックスが付いた状態の写真

アウトレットボックスも付いています。

ここから弊社の防護工事がスタートします。

枠の取付

枠の取付

まずは枠の取付です。内部には鉛が入っていて、X線防護仕様となっています。
枠・扉ともに鉛が入っているため、通常の建具に比べてかなり重量があります。

枠取付後、枠の周囲にもしっかり鉛を入れていきます。


無鉛ボード張り

無鉛ボードXP 天井張りの様子

枠が付いたら、室内に無鉛ボードXPを張っていきます。
無鉛ボード張りは天井から。
無鉛ボードXPは1枚あたりが鉛付き石こうボードよりも軽量ですが、普通の石こうボードに比べると重いため大変な作業です。

換気扇などの開口部は無鉛ボード張りの前に防護処理しています。

無鉛ボードXP 天井2層目

天井の2層目を施工中です。

無鉛ボードXP 壁面施工の様子

壁も張ります。

写真では分かりにくいですが、壁の2層目を施工中です。

鉛付石こうボードではジョイント部に鉛テープを使用しますが、無鉛ボードXPは1層目と2層目の目地をずらして張ることでジョイント用の鉛テープが必要ありません。

無鉛ボードXP 開口部の様子

こうした壁面の開口部も、無鉛ボード張りの前に裏側を防護処理しています。

無鉛ボードXP パテ入れの様子

弊社工事では無鉛ボードXPの2層目を糸面取りして無鉛パテ処理しています。無鉛パテも無鉛ボードと同様、放射線防護性能をもったパテです。

ジョイント部に鉛テープを使用しないため不陸がなくきれいな仕上がりになりますが、このパテ処理によってさらに仕上の精度がアップします。

※放射線防護用のパテ処理です。仕上の際は仕上用パテ処理を別途行ってください。

無鉛ボードXP ボード張り・パテ入れ完了

無鉛ボード張りと無鉛パテ処理が終わりました!

扉・含鉛ガラスの取付

建具養生の様子

扉を吊り込み、含鉛ガラスを取り付けました。
単板タイプの含鉛ガラスは素手で触れたり、水拭きなどで水分が表面に付着したりすることで白い「くもり・ヤケ」が起きていました。

医建エンジニアリングでは、アルコール消毒・水拭き・洗剤などでのクリーニングが可能なカバーガラス付き含鉛ガラスを標準仕様としています。

今回は壁に合わせて扉も木目調の面材です。
(まだ枠に青い養生がついたままです)

扉吊り込み・含鉛ガラス取付完了

写真を撮るために一度外しましたが、他の作業で扉やガラスにキズがつかないよう、こうして養生したままにしておきます。

写真を撮りに行った日は既に壁のクロス貼りが終わっていました。

天井仕上がり

(小話)
扉とガラスの写真を撮りに行った日は壁と天井のクロス貼りが終わっていました。
こうなっていた(クリックでボード施工後の写真:左右逆)のが、ご覧のように仕上がっています。

これで弊社の防護工事は完了です。


この後、仕上やクリーニングを経てエックス線室は引き渡しとなります。
引渡し後はエックス線装置が設置され、漏えい放射線量測定を行ってエックス線の漏えいの有無を確認します。

番外編:お引渡し後

本編(防護工事)は上記で完了しましたが、ここからは番外編としてお引渡し後の様子を少しだけご紹介いたします。

お引渡し後、開院ご準備中のクリニック様へお邪魔しました。

院内はすっかり仕上がり、木目調が落ち着いた雰囲気を醸し出しています。


廊下の奥にエックス線室があります!

エックス線室内の様子。
エックス線装置が据付けられています。

グリーンの壁紙と木目調がシックな印象です。

こちらはエックス線装置の操作スペース。
角度が付いてしまい見づらいですが、操作スペース側のドアには観察窓がついていてエックス線室内の患者さんを見ながらエックス線の照射ができるようになっています。

今回、エックス線装置メーカー様より漏えい放射線量測定のご依頼をいただきましたので弊社で測定を行いました。

エックス線の漏えいがないか、資格を持った社員がしっかりと確認を行います(もちろん、漏えいはありませんでした!)。


エックス線装置は据付後10日以内に漏えい放射線量測定報告書を添付して管轄の保健所へ届出を行わなければならないため、漏えい放射線量測定結果を報告書として作成し、お客様へ提出します。

お問い合わせ

内容