遮へい計算

 

 

遮へい計算は、医療施設または工業用・産業用におけるエックス線室の管理区域、病室、居住区域及び敷地境界において、計算により3月間当たりの漏えい実効線量を求める方法です。
この計算により、エックス線室の放射線防護に必要な鉛当量(遮へい厚)を算定することができます。

  1. 当社では 厚生労働省医政局長通知 医政発0315第4号 平成31年3月15日「病院又は診療所における診療用放射線の取扱いについて」(※外部PDFへリンク)による、診断用エックス線診療室の遮へい計算を行っております。
  2. 当社の遮へい計算業務は全て、JIRA認定資格 X線診療室漏えいX線量測定士 有資格者が行っております。
  3. 公益社団法人日本放射線技術学会 関係法令委員会発行による遮へい計算
    公益社団法人日本放射線技術学会 関係法令委員会発行の「X線CT室の漏えい線量計算マニュアル 第1版(2019年1月発行)」に則った遮へい計算にも対応可能です。

>>>JESRA TR-0046-2019「X線診療室しゃへい計算マニュアル」

#

お問い合わせ

内容